参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.34

ほとんどの人は、これ以上アイデアを考えるのは不可能だというところまで行き着き、そこでやる気をなくしてしまう。

いよいよこれからなのに!

(トーマス・エジソン)

 

「あきらめなければ、失敗はない」と松下幸之助さんは言った。イチロー選手は、継続することの大切さを常に言い続けている。正しい努力を続けていけば、必ず成功にたどり続く。

 

それはそうだろう。

 

しかし、どんなことにも期限がある。期限までにできていなければ、失敗ではないかもしれないが達成ではない。

 

今回、達成できなかった原因は?知識不足なのか?経験不足なのか?計画不足なのか?いずれにしろ何らかの不足があったからだろう。つまりは時間が足りなかったから。それならば今度はもっと早く始めよう。水泳や陸上競技にはフライングがあるが、仕事にはフライングはない。

 

いち早く始めることで時間に余裕を作り、不可能と思っていた壁を乗り越えていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.34