参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.38

起きるすべての出来事は神様のお計らいで、自分に必要な問題と素直に受け入れて感謝するうちに、辛く感じられる運命が消えていく。

(鮫島純子 渋沢栄一の孫/エッセイスト)

 

鮫島純子さん、大正11年生まれの95歳。今もエッセイストとして活躍中なのだが、デビューは何と78歳。デビューのきっかけは一冊の本。五井正久さんの書いた『永遠のいのち』、鮫島さんは五井さんから「過去生」という考えを学び、それ以来「何があってもありがとう」の精神になった。

 

いつも心の中で「何があってもありがとう」とつぶやく。その生き方を選ぶことで辛く感じものはなくなったという。

 

出来事そのものが不幸を呼び込むのではなく、出来事に対するその人の受け止め方が、幸や不幸を作り出す。数々の心理学者が唱えている理論でもある。

 

すべては神の計らい、私たちはいつも試されている。素直に受け入れ感謝して、運命を前へ進めていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.38