参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.42

自分の才能、自分のポテンシャルを、もっと信じたほうがいい。

(イチロー)

 

大リーグでも二刀流で大活躍した大谷翔平選手。オープン戦での成績は打率1割2分5厘、自責点はなんと27.0。バッターでは打てないし、ピッチャーとしては抑えることができない、そんな状態からシーズンに入ると人が変わったような活躍を見せた。

 

大谷選手はオープン戦でのそんな状態に、悩みに悩んである行動に出た。それはイチロー選手に教えを乞うこと。大谷選手は電話し、イチロー選手に会いに行った。そこでいろいろと技術的なアドバイスをもらったが、一番大きかったアドバイスが今日の名言。

 

大谷選手はイチロー選手からの言葉で自らの野球人生を振り返った。自分は決して最初から野球がうまかった訳ではない。何度も壁に当たり、その度に今できることを実行し乗り越えてきたから今がある。だから今回も必ず乗り越えることができる。そう考えることができたことで大きく変わることができたという。

 

才能とは、今までの努力によって培ったもの。ポテンシャルとは、潜在している可能性の力。自分の才能とポテンシャルを信じて、今できることをコツコツと行っていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.42