参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.43

初めて読んだり聞いたりした考え方が、それまでの自分の考え方と食い違っていると、脳は新しい考え方を拒否して受け入れない。自己啓発セミナーに行ってもなかなか効果を実感できないのはそのためだ。だが、同じ方に「六回」接すると、脳は新しい考え方を受け入れるようになり、やがて心の奥までその考え方が浸透していく。

( アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ 『ブレイン・プログラミング』より)

 

脳には網様体賦活系という場所があり、外部からの情報はすべてそこを通る。そしてそこで情報を取捨選択している。

 

情報が氾濫している現代なので、取入れている情報よりも捨てている情報の方が多く、何度も繰り返さなければ覚えられないのは当然なのだ。繰り返し繰り返し練習を重ねて身に着けたものは、心の奥まで浸透しているから失うことはない。

 

2回で身につかなければ3回、3回でダメなら4回、コツコツあきらめず繰り返し、本当の力を身に着けていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.43