参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.87

生きがいがあると、自然に笑顔が増えて「いい顔」になる。

(後藤はつの 画家)

 

後藤はつのさんは73歳から絵を始め、80歳で現代童画展の新人賞を受賞。それ以来99歳まで展覧会に出展、96歳の時には現代童画展文部大臣奨励賞を受賞。

 

「行動すると、いいことが起こる」、そう考え思い立ったことを行動に変えてきた。

 

生きがいとは、人生の意味や価値、人の生を鼓舞しその人の生を根拠づけるもの、そんな風に辞書には書かれているが、そんなたいそうなものでなくても、単に楽しいと思えることでもいいのではないか。食べることが生きがいの人もあるだろうし、本を読むこと、運動すること、仕事が生きがいの人もあるかもしれない。

 

たとえば食べることが生きがいならば、美味しいものをいつまでもいただけるように、暴飲暴食はせず、健康な体が必要だろうし、仕事を生きがいにするのならば、自分の仕事の意味を理解して、仕事から得られるものを具体的にする必要があるだろう。

 

生きがいを持って、笑顔でいい顔で生きていくために、必要なことをしっかりと見極め実行していきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.87