コラム

モノ・情報系

「顧客を知る」:マクドナルドでみる顧客のインサイト(深層心理) について

何度も思考錯誤し開発した自信作が売れない。 何度も顧客アンケートを実施し、徹底的に分析して企画したが、思うように売れない。 このようなことを一度でも経験したことはないでしょうか。企画・開発関係の職種で ...
参謀の特長
10名前後の管理職としてマネジメント業務を行いながら現場業務にも携わるプレイングマネージャーとして、ECサイトにおける企画から運用・広告といった全般の業務に従事。
今までの現場の実務経験にMBAの学びをプラスし、経営現場をサポートします。

「ホメオスタシス(恒常性)」のワナ

心理学には「ホメオスタシス」という言葉があります。 これは日本語に直すと「恒常性」、 もう少し簡単に言うと「なるべく今の状態を維持しようとする働き」のことです。   例えば、体重が増えてきた ...
参謀の特長
税理士事務所に勤務し、製造業の中小企業を中心に顧問を担当。数字をきっかけに中小企業の経営課題を発見し、解決をサポートしている。心理学を学び、カウンセラー資格を保有。財務会計面だけでなく、心理学の学びを活かし、経営者・従業員に寄り添ったサポートをしている。

小規模な店舗は〇〇を捨ててこそ「なじみ」のお店として選ばれる!?

私の住む大阪は、俗に「食い倒れの街」とも呼ばれ、旨くて安いお店が多く点在しています。   テレビには決して登場することのない、地元民に長年親しまれている馴染みの店をどれだけ知っているか、どれ ...
参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役

経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。
前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。

小規模企業がコンプライアンスを備えるときの考え方(後編)

前編から引き続き、後編では小規模企業にとってのコンプライアンスが機能不全に陥らないため、そして「意義」が失われないために最低限必要なものについて、一緒に考えたいと思います。   ※前編はコチ ...
参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役

経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。
前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。

小規模企業がコンプライアンスを備えるときの考え方(前編)

2019年、世間を賑わせた企業不祥事のなかで、企業ブランドを棄損させたと感じる出来事についてのアンケート結果が広報・メディア対応の専門誌『広報会議』2020年1月号で発表されました。その上位3位は以下 ...
参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役

経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。
前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. モノ・情報系