コラム

参謀 過去 在籍

検索力を高めよう。知っていると便利なGoogle検索術

Google検索を情報収集の際に使われている方も多いのではないでしょうか。

今回は、検索力を高め、必要な情報をより早く正確に収集するために使うことができる検索術をご紹介します。

 

検索する時に意識すべきこと

誰が何の目的で発信しているコンテンツなのか

ウェブ上に公開されているページは、誰かが何かの目的を持って公開しています。例えば、

・収益(広告収入、アフィリエイト)目的

・SEO目的

・マーケティング目的

・世論誘導目的

などがあります。

 

収益目的のコンテンツに掲載されている商品は、購買やサイトへのアクセスを促すために、その商品が良く見えるように表現されていることがあります。

 

筆者が最近の傾向として増えてきていると感じるコンテンツは、オススメの選択肢を示すタイプのコンテンツです。

選択肢が多すぎる場合、ユーザーは選択することができません。そこで、オススメの商品を3つほど提示した上で、それを比較しユーザーが選びやすくしているのです。

 

探している商品を購買する目的で検索し、そのページにたどり着いたならば参考になるサイトかもしれません。しかし、調査目的であれば、そのコンテンツに掲載されている情報は、購買や商品サイトへのアクセスに誘導するための情報であり、客観性や正確性、信頼性を担保できる情報とは言えません。

発信者の目的を意識するだけで検索力は高まります。具体的な検索方法は下記のとおりです。

王道の検索術

シンプルに検索する

例「参謀Links」

検索したい語句を入力する。検索対象範囲が広く、最も簡単な検索方法です。

 

複数条件を指定して検索する

例「参謀 Links」

検索語句の間に半角スペースを入力します。どちらの語句も含む検索結果を表示します。

 

いずれかが一致する語句を検索する

例:「参謀 OR Links」

語句の間にORを入力します。どちらかの語句を含む検索結果を表示します。

 

言葉の定義を検索する

例「参謀Linksとは」

語句の後に「とは」を入力します。辞書を引くように、言葉の意味がわからない場合などに使用します。

 

類義語句を検索する

例「~参謀」

検索したい語句の前に「~」を入力します。指定した語句の類義語を含む検索結果を表示します。

 

あいまいな語句で検索する

例「参謀*inks」

検索語句のスペルがわからない部分を「*」に置き換えて入力します。「*」部分には何かしらの文字が含まれることを前提に、検索結果を表示します。

 

高度な検索術

 

完全に一致するフレーズを検索する

例「“参謀Links”」

「“”」に囲まれるフレーズと完全一致する語句を検索します。一致する語句を含む検索結果を表示します。

 

検索から語句を除外する

例「参謀 -戦略」

除外したい語句の前に「-」を入力します。検索結果から必要でない情報を除いた検索結果を表示します。

 

数値の範囲内で検索する

例「10000円..20000円」「1km..3km」

数値の間に「 .. 」を入力して検索します。数値を範囲指定したい場合に使用します。

期間を指定して検索する

「ツール > 期間を指定する」で期間を指定することができます。直近のトレンドを調べたい場合や古い情報を除外したい場合に有効です。

特定のサイトを検索する

例「site:sanbou-links.com」

サイトのURL、またはドメインを指定して入力します。サイトのページを表示したい場合に使用します。

 

画像で検索する

画像をアップロードして検索します。画像から名称を調べることができます。

指定した語句が全て含まれている本文を持つページを検索する

例「allintext:参謀 Links」

「allintext:」続けて検索したい語句を入力します。指定した語句が全て含まれている本文を持つページを表示します。

 

指定した語句が全て含まれているタイトルを持つページを検索する

例「allintitle:参謀 Links」

「allintitle:」続けて検索したい語句を入力します。指定した語句が全て含まれているタイトルを持つページを表示します。

 

指定した語句が含まれるURLを持つページを検索する

例「allinurl:sanbou links」

「allinurl:」続けて検索したい語句を入力します。指定した語句が含まれるURLを持つページを表示します。

 

おまけ検索術

 

天気を検索する

例「天気」

天気と入力すると、現在地の天気を検索できます。

 

計算をする

例「5+10」「20-5」「5*5」「20/4」

数式を入力すると、計算結果が表示されます。

 

単位を変換する

例「100円をドルで」

変換前の単位を変換後の単位でと検索すると単位変換して表示されます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらはGoogleでの検索方法の全てではありませんが、

よく使う部分のみをピックアップしてお伝えしました。

 

市場調査、競合分析、経営分析など必要な情報収集するときにこれらの検索術が便利です。

様々な検索術を組み合わせて、必要な情報を、素早く取得することで効率化を計ってはいかがでしょうか。

 

参謀 高見 竜二

お問い合わせ
  1. 検索力を高めよう。知っていると便利なGoogle検索術