コラム

参謀 闇雲 卓

リスティング広告とSEOを知っておこう【インターネット広告入門編3】

前回では、インターネット広告の種類を説明しましたが、
今回は、その種類の中でも主流であるリスティング広告の説明と、
その中でもリスティング広告について、またそれと関連性が強いSEOについても言及します。

 

 

その前にちょっと豆知識として、
知っているとSEOの理解に役立つ検索エンジンについて。

 

検索エンジンとは

 

GoogleやYahoo!で知りたい情報のキーワードを入力すると、そのキーワードと関連性の高いサイト、キーワードが合致したサイトが順番に表示されています。この検索結果をアウトプットするプログラム、検索順位を決めているのが検索エンジンです。サーチエンジンとも言います。
より検索結果の精度を高めるため、このプログラムは日々開発され続けていますが、この検索エンジンでは、主要なものは2つで、GoogleMicrosoftです。

 

あれ?Yahoo!でないの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
以前、Yahoo!Japanは、米国のYahoo.comの検索エンジンを使用していましたが、現在はGoogleの検索エンジンを使用しています。検索エンジンの開発やアップデートには膨大な費用がかかるといった理由で、Yahoo!Japanの検索ではGoogleの検索エンジンが使われています。
(ちなみに、Microsoftの検索エンジンはBing。)

 

 

リスティング広告とは

 

さて、今回の本題のリスティング広告ですが、一言でいうと検索結果に連動して表示される広告のことです。
こう言われても「うーん・・・。」と思われる方のために、実際の画面で説明するので、下部の図をみてください。
Googleで「インターネット」と検索すると次のような検索結果が表示されます。
検索結果のうち、右図の赤枠部分がリスティング広告です。

 

 

このように、リスティング広告は検索されたキーワードに連動して表示する広告です。
リスティング広告は、検索キーワードを指定することができます。
つまり、リスティング広告の特長は、自分がアピールしたいことと関係性の高いキーワードで広告を表示することができます
ということは、より関心や興味のある人にターゲットを絞って広告を表示することができるのです。
自分がこれまで検索していたことを思い出してみてください。効果的な広告と想像できないでしょうか。

 

リスティング広告の費用は、クリック課金で、広告がクリックされてはじめて費用が発生します。
そのクリック課金は入札制です。そのため、キーワード毎であったり、その時々の状況であったりで金額が変動しますが、検索数の多いキーワードほど、最低入札価格も高くなる傾向があります。
よって、リスティング広告運用を専門にしている会社があり、そこではデイトレーダーのように事細かに運用されているところもあります。
少額で開始されるなら、先ず予算を決めて自社でやってみることをおすすめです。経験することで広告の効果や費用がわかってきますので。

 

リスティング広告の運用で、主に次のようなことができます。

  • 広告を表示させたいキーワードとクリック課金の入札価格を自分で自由に設定できる。
  • 低価格から始めることができる。
  • 表示順位も入札価格である程度コントロールすることができる。
  • 広告内容を変更することができる。
  • 広告のリンク先を自由に設定できる。

 

リスティング広告の運用を検索されると、様々なノウハウ・運用委託などが容易に調べられるので、興味がある方は、もっと深堀してみてはいかがでしょうか。
ちなみに、Googleの主な収益元はこのリスティング広告です。ここで儲けを得ているからこそ、様々な無料サービスを提供できているとも言えます。

 

ここまでリスティング広告を説明しましたが、それと合わせて知ってもらいたいのがSEOです。
次にSEOについて。

 

 

SEOとは

 

SEOは、Search Engine Optimization:サーチエンジン・オプティマイゼーションの略で、検索エンジン最適化を意味します。SEO対策と言うこともあります。

 

リスティング広告の表示を上図の赤枠部分と言いましたが、赤枠以外のものが検索エンジンの検索結果で、この赤枠以外の部分で検索結果に表示させるために、ページなどを最適化することがSEOです。
赤枠以外の部分の表示は、検索エンジンが検索キーワードで最適なページと判断したものを順に表示させています。この最適と判断するロジックを研究し、ページをそのロジックに合うよう最適化することで、検索結果の上位に表示させることがSEOです。

 

よって、リスティング広告は広告費用が発生しますが、SEOでは広告費用は発生しません

 

「じゃあ、SEOの方がお得だし、検索エンジンに評価されるのは良いページということだし、SEOの方がいい。」と思われたのではないでしょうか。
しかし、そう簡単な話ではなく、検索エンジンは日々開発されているので、そのロジックやアルゴリズムは日々変わっています。そのため、上位表示されていたかと思えば、ある日突然全然表示されなくなることもよく発生します。

 

まとめとして、

  1. リスティング広告は、広告費用を掛けてコントロールすることができる。
  2. SEOは、広告費用はかからないが、コントロールすることができない。
  3. 検索エンジンの自然順位で上位表示させるには、かなりの専門知識が必要。専門業者が必要なレベル。

の3点です。

先ずは小規模の広告費用でリスティング広告をやってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連コラム

このコラムの著者:

参謀闇雲 卓

参謀の特長
10名前後の管理職としてマネジメント業務を行いながら現場業務にも携わるプレイングマネージャーとして、ECサイトにおける企画から運用・広告といった全般の業務に従事。 今までの現場の実務経験にMBAの学びをプラスし、経営現場をサポートします。
お問い合わせ
  1. リスティング広告とSEOを知っておこう【インターネット広告入門編3】